お金持ちに進化したいおさるが発信する金融メディア

ふぁいなんさる




041_ライティング

Webで文章を書くときはユーザーが見やすいような形にすること

投稿日:

ブログで集客をしようと考えていても、それが見にくいものであれば、ユーザーは離脱してしまいます。

そこで重要なのは、「ユーザーが見やすいもの」を作るということなのです。

基本的にブログに人が来てまず見るのは、全体的なレイアウトだったり文字の分量だったりするわけです。

要は非常に文章が優れていたとしても、パッと見、「何か読みたくないなぁ読むのがめんどくさそうだなあ、」と思われてしまえば読まれないのです。

そこで重要になってくるのが「文章の見やすさ」が重要になってくるのです。

Webは目がつかれるので極力見やすいものにすること

基本的にインターネット上の文章というのは、普通の紙の文章に比べて、読みにくく目が疲れやすいと言われています。

なぜならば、パソコンの光やスマホの光というものは、目がチカチカするため非常に疲れるというものがあります。

そこで、なるべくユーザーにストレスを与えずに、読みやすいものを作るという考えが重要になるわけです。

ポイント1:文字が詰まるのは良くない

基本的に文字が詰まっていると非常に読みにくい印象になります。

時には改行を適度に入れることで文章が読みやすくなるので意識してみましょう。

例えばここのブロックを改行せずに文章を書いたとします。するとこんなにも文字が詰まっていて非常に読みにくい印象を受けるでしょう。文字をずっと読むのは苦でない方はありですが大抵の方はストレスを感じるのでなるべく適度な改行をいれるのが良いかもしれません。

ポイント2:漢字と平仮名の比率に注意して文章を書く

文章を書く際に気をつけたいポイントが、漢字とひらがなまたはカタカナの比率です。あまりにも漢字が多すぎるとすごい文字が詰まってるような印象を受けます。

時にはひらがなを多用することで見やすい文章になるのです。

文章を書き始めの頃はなるべくかっこいい漢字や熟語を使いたいと思うものですが、それは逆効果で例えば読み方がわからない漢字があるとするというストレスを感じます。

なるべく難しい漢字は使わずに、ひらがなに置き換えることで、誰もが読みやすいようなWEBを実現することができるのです。

ポイント3:テキストだけのコンテンツにしないこと

これは非常にやりがちですが、テキストだけのコンテンツにするのは実はあまり良くありません。

効率よく記事をリリースするのであればテキストだけでガンガンと投稿をするのが良いでしょう。

しかしテキストだけの記事というのはあまり面白味がなく、かつ文字が詰まっているのが非常に読みづらい印象を受けてしまうのであまりよろしくありません。

対策としては、要所要所に内容を開設するような画像を差し込むことが理想的です。そのほか、商品のスペックに関する記事であれば、テーブル(表)を差し込むのも良いでしょう。

まぁ私自身のこのコンテンツは文字だけですが(笑)
(記事が伸びてきたらリライト時にブラッシュアップするスタンスです笑)

ポイント4:文字装飾に気を配る

テキストを作成したら自分が伝えたいこと行ったり特に重要だったりする箇所というのは文字装飾をするのが良いでしょう。

本当に伝えたいことを強調することでユーザーがその点を選んでくれます。このようなメリットがあるのですがそれとは別に見やすさという点でもプラスになります。

それは文字を装飾することで全体的に文章が見やすくなるということです。ずっと形も装飾がない文章というのはパッと見るというような気にはなりません。

そこである程度装飾をすることで見やすさを意識するのです。配色にも気をつけることが必要で例えば赤ばっかりだとかふと文字ばっかりだとかというのはあまり見づらいとは言えません。

適度にバランスをとることが重要で、例えば1見出しあたりひとつの色を使う良いかもしれないです。

ポイント5:文字のフォントや字間・行間を調整する

ブログを作成したらまず最初に注意したい調整したいところが、この文字のフォントだったり字間や行間だったりするのです。

どのようなフォントを使うのか、文字の字間だったり行間だったりはどれぐらいにするのかというのを考えることで見やすいようなブログに進化していきます。

これは結構を記事単位のものではなくサイト全体に関わるものなので非常に重要なポイントだと思います。

まとめ

ブログを作ったらまず文字の読みやすさ見やすさというのを意識してみましょう。

どれだけ内容が良いとしても、ぱっと見た感じ読みにくそうだなあ読むのが面倒くさそうだなというように思われてしまうと、そもそも読まれません。

このような状況を回避するためにも、あらかじめ見やすさというのは意識してコンテンツを作っていきたいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本サイトは適切な情報を提供するように注力しておりますが、いかなるものも保証するものではございません。時期や状況により情報が変わることがございますので、最終的な判断はご自身の調査のもと意思決定を行ってください。また本サイトでご紹介している第三者のサービスや商品におけるトラブルについては一切の責任を負いません。

-041_ライティング
-

Copyright© ふぁいなんさる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.