022_転職

転職活動の面接で違う職種を打診されたらどうすれば良いの?

投稿日:2016年9月12日 更新日:

こんにちわ。ブログ管理人のふぃなんさるです。先日、面接に行ってきたのですが、その際に別の職種を勧められたので、そのときの話をしようと思います。

はじめに結論ですが、自分が本来やりたい事と違ったので、別部署に行かないかという打診はお断りしました。

今回の記事では、別職種を打診されたときにどのような話をされたのか紹介。そのほか、別職種の打診を受けるか迷ったときに注意するポイントを解説していきます。




面接で違う職種を打診された!?

僕はとある企業の面接に行きました。受けたい職種はIT事務。なんだかパソコンでやれる仕事はないかな?と探していたんです。営業とか嫌だしITでカタカタやりたいな。と思いました。

まずは自己紹介。そして志望動機を述べて、いつもの流れで面接は進むのかな~と思ったんです。しかし、いきなり別の職種を打診されてしまいました。

「君、エンジニアに興味はないかい?インフラエンジニア!?」と、いきなり言われたのです。エンジニアの募集もしているらしく、その選考を受けないかと打診されました。

どうやら資格が着目されたらしい

ぼくはIT関連の資格を持っているんですよね。

「ITパスポート」という国家資格です。学生時代に興味があって一応取得したものなのですが、それが生きてきたようです。

これを持っていると、なぜかITのエンジニアに興味が無いか?とよく言われるんですよね。実は今回の面接が始めてではないんですよね。

でも、はっきり言って僕はエンジニアに向かない。仕組みとか考えるのが難しい...。できる人とか本当に凄いと思います。なので、今回は、もう面接を落ちる覚悟で、そちらの職種は断らさせていただきました。

ITパスポートでエンジニアのオファー

「エンジニアになれるのにモッタイね~」という人は、ぜひ『ITパスポート』を取得してみてください。

これを持っているだけで、エンジニアの経験がないのにも関わらず、転職系のサイトでおすすめとして出てきたり、転職エージェントに推められたりしました。

『今なんのスキルもないけど、何か定職に就きたい!』という場合で、エンジニアを希望するのであれば、武器になるかもしれません。

ITパスポートは、1ヶ月、2ヶ月くらいの勉強でサクッと取れるのでおすすめ!しかも国家資格!

応募と違う職種を打診されても分からない

ちょっと、話がエンジニアと資格の話にそれてしまいましたね...。

話を戻します。

実際、未経験の職種というのは、やってみないと分かりません。

未経験の職種、やってみようかな?どうかな?と迷う場合もあるでしょう。この場合は、自分の気持ちに正直に動いた方が良いでしょう。例えば、周りの人に推められたが、自分的にはなんか気乗りしないという場合は辞めておいた方が良いです。




上司先輩
違うポジションを紹介されて内定もらえた話

転職活動をしていると、とっても面白い体験が時にはできるものです。 今回は、違うポジションを紹介されて、受けてみたら内定をもらっちゃった~というような話です 。 転職活動をしている人は、ときに違うポジシ ...

なぜ面接で別のポジションを勧められたか裏を探ろう

なかなか職が決まらず焦る気持ちもある。でも、このような場合でもホイホイと他人に流されて職種を決めるのはやめましょう。もちろん素直さも大事。でも、自分がやりたいことか見極めることも大事です。

また想定外の状況が発生した場合は、何故それが起きているのかを見極める必要があるのです。今回であれば、なぜこのひとは自分に別のポジションを勧めてきているのだろうかと考える必要があるのです。

もともとの応募職種で不採用ってこと?

自分が申し込みをした職種と、なぜ違う職種をおすすめされるのかまずは疑いましょう。

職種を打診されるケースには、以下のような思惑があるようです。

ココに注意

現状、応募している職種では不採用
でも、別の職種で採用はしたい

そもそも、書類選考で通ったという事は、なにかしらの期待をしているハズです。しかし、面接をしてみて少しスキルが足りないなと思われる場合や、他にもっと優秀な人材がいた場合は落ちてしまうでしょう。

しかし、もし他にも光るスキルがあったとしたら?そして、別の職種に空きがあったとしたら?

このような場合に、違う職種で働いてみませんか?という打診が来るのです。自分が気づけなかったスキルに着目されておすすめされるケース。自分がキャリアチェンジをしようと思ったが、もともとの職種で培ったスキルを活かしましょうよ~と説得されるケースがあるみたいです。

別の職種を打診されて良いなと思ったら選考を受けてみる

もし「打診された職種でも良い!」と思うなら、そのまま選考を先に進めていきましょう。このような場合は、日を改めて面接が設けられる可能性があります。エンジニアをおすすめされた際に、当管理人は「いやぁ...エンジニア...」と言ってしまったので、面接落ちしましたが(汗)

しかし、それとは別の会社で、違う職種を打診された際は、「別途、他の担当者との面接を調整します」と言われて面接をしました。違う職種で打診された選考は、最終面接までクリアして内定をもらったので、やっぱり違う職種を打診された場合は受かる可能性が高いと言えます!




違う職種を打診してきた企業の注意点

本当は自分が就きたい職種があるのに、それでもゴリ押しで違う職種を勧めてくる企業がいる場合は注意してください。確かに、別の職種で活躍できる場合があると聞くと、「なんだか良さそう...。」と感じるかもしれません。しかし、違う職種に就くのはトラップである可能性が無きにしもあらずです。

あなたが「すばらしい職種だし、素晴らしい会社だ」と思ったのなら、それでも良いでしょう。しかし、何か不安を感じる...。というのであれば、一旦立ち止まって考えてみるべきです。

適職だからではなく誰でも良いポジションの罠

あなたの経歴的にこちらの職種が合ってます!と言われても、それは適職だからではなく、誰でも良い使い捨てのポジションである罠があります。

ココに注意

ブラックな職種
低賃金な職種
基本的に激務な部署
問題となる上司がいるチーム

適材適所という言葉がありますが、「あなたはここがいいよ」と、適正をみて言ってくれているのなら、まだ良い方です。しかし、このように違う職種を勧めてくるのは、ブラックだからかもしれません。

例えば、ブラック企業で『人がすぐ辞める職種』ということも考えられます。単に人が足りていないから、この職種にさせちゃおうと考え、違う職種への打診をしてくるケースも考えられます。このように、あなたの意志を尊重せず、会社都合で打診してくれる会社は、果たして今後あなたをどう扱うのか...。

その職種は本当に大丈夫か良く見極めよう

違う職種を打診されたら、本当にその職種は大丈夫な職種なのかというのを見極めましょう。

何が大丈夫なのかというと、ノルマがきつい仕事じゃないのか、また、将来性が見込めないものではないのか、また長時間労働にはならないのか、という点などを見極めましょう。

インターネットでも調べてみて、よく人が辞める職種ではないのかも考えてみてください。

よく人が辞める職種というのは、数字に表れてる通り厳しいものですから、自分は大丈夫だろうと思っていても、いざなってみたら辛いものです。




違う職種を打診されても自分がやりたい事を貫いて良い

自分が何をやりたいのか?って本当にわからないと思います。僕も1社目の会社は自分にあっていると思って入社したのに、ここまでやめたい!と思うなんて、予測していませんでした。

だから、今回の面接での打診も、友人からのススメもきっと飲み込まないと思います。なにより、自分が何をやりたいのか。これに正直に生きるってことが大切なんです

僕は今回、周りの意見に流されずに踏みとどまりましたが、きっと流されていたら後悔しているとおもいます。たしかに全部が全部、間違っている意見だとは言いません。中には友達のススメに従って生きていたら、もっと上手く言ったってこともあるでしょう。

ですが、最終的に自分です。自分が何をやりたいのか。これに忠実に従って生きることが大切です!

違う職種に転身する際は覚悟が必要

もし、打診された職種に転身しようと考えているなら、安易に決断をするのは辞めてください。一度、その職種になって、それが嫌だと感じても、一旦なった職種から脱するのは、骨が折れるものです。

もともと自分が思考してなろうと考えていた職種ならまだしも、不意に紹介された職種は本当に怪しいです。他人から勧められたものって、他人本位でしかないという可能性が大いにあるのです。

僕は「エンジニアにならないか?」と打診されました。しかし過去にエンジニアらしき勉強をしていたときに辛いと感じたので、断ることができました。エンジニアは自ら勉強して動いて行かないと、おそらく置いてきぼりになります。

もしこれが職種に対する理解をしていない状態で、「面白そう...」と、飛び込むのはリスキーでしょう。どうしても気になるという場合は、あらかじめ良くリサーチをすること。その職種の経験者に話を聞いてから判断することが大事です。

乗り気でないなら流されるな

ちなみに僕は資格とかの関係で、どうもエンジニアを押されがちなんです。でも、その資格も苦し紛れで取った資格ですし、若干エンジニアっぽいことの勉強をした時に辛かった。

そう考えるとやはり向いていないのかもしれません。こころから自分が向いている、そしてやりたい!という熱量がないものは、多分続きません。

そもそも気乗りしない状態でその職種に就いたら、成長も見込めませんし辛いだけです。ちなみに僕は一社目に入る際に、どこかモヤモヤした気持ちが残っていたんですよね。本当にこの職種でいいのか、と。それが案の定、心の中で残り続けて転職に至ったんです。

ちなみに周りの友人なんかには、「営業をやってみなよ」とよく進められます。しかし、営業にも向きません。僕は強がって、周りに明るく見せようとしているだけで、実はコミュ障です。

この前、友人の勧めにより、営業の募集に申し込みをしましたが、面接で挫折しました。やっぱり無理をするもんじゃありません。




職種について悩むならプロに相談するのもアリ

違う職種へ転身するべきなのか...。

今の職種を続けるべきなのだろうか、また別の職種に転身するべきなのだろうか、悩んでいて結論が出ない人は転職エージェントに相談をしてみるのもひとつの手です。

転職エージェントとは

転職活動を支援してくれるサービスです。無料で利用できます。あなたが希望に合わせて求人を探してくれますし、面接日程の調整もしてくれます。

僕も実際に利用してみましたが、履歴書の作成も力になってもらいましたし、いい企業も紹介してくれました。

なかなか企業探しをするのって疲れる作業ですから、そこはエージェントの人に任せることで効率化できます。

おすすめの転職エージェント

僕は転職活動の際に10社以上の転職エージェントを利用しました。その中でも、あらゆる人におすすめできるのが【リクルートエージェント】です。

このリクルートエージェントは、あの大手就活サイト、『リクナビ』を運営しているリクルートグループです。転職やキャリア関連のバックグラウンドを持ち合わせています。いわば、転職エージェントの王道です。

なぜ、僕がこのエージェントをおすすめ理由は、圧倒的な求人数と丁寧な対応です。このリクルートエージェント、求人数が他の比にならないくらい多いです。

違う職種も気になっているんだが、どうすれば良いのだろうか。そもそも自分の希望する求人があるのだろうか、という方は、一度チェック確認してみると良いでしょう。

もちろん利用は無料ですし、登録したら必ず転職しなくてはならないということもありません。自身のキャリアについて悩んでいるなら、相談をするのもアリです。

▶転職相談してみる:【リクルートエージェント】

【まとめ】違う職種を打診されたら一度立ち止まる

転職活動の面接で違う職種を打診されたら、まずは立ち止まって怪しくないか考えましょう。それって、トラップじゃね?大丈夫か?と自問自答することが大切です。

一見、企業はあなたのスキルを見て最適な打診をしたのか?と思うかもしれませんが、誰でもできるような、もしくは、かなりきつい人材が足りていない職種なのかもしれません。

企業の思惑を見極めて、本当に受けるべきかどうか判断しましょう。確かに企業の打診を受ければ、採用の確率は上がるかもしれません。しかし、万が一自分に向かない職種だった場合は辛いだけです。

この先、何年も嫌な職種で生き続けるのか、また転職で経歴に傷をつけてゼロからスタートするのか、など考えるだけで頭が痛くなります。軽い気持ちで決めるのは本当にダメ!少しでも怪しいと思ったら疑ってかかりましょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本サイトは適切な情報を提供するように注力しておりますが、いかなるものも保証するものではございません。時期や状況により情報が変わることがございますので、最終的な判断はご自身の調査のもと意思決定を行ってください。また本サイトでご紹介している第三者のサービスや商品におけるトラブルについては一切の責任を負いません。

-022_転職
-,

Copyright© ふぁいなんさる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.