お金持ちに進化したいおさるが発信する金融メディア

ふぁいなんさる




022_転職

就職したばかりの新卒が1か月で仕事を辞めて転職するとどうなる?

投稿日:2020年1月11日 更新日:

大学時代になんとなく、ここでいいや!ここの会社がよさそうだ!というように決めたけれども、いざ入社してみたら全然面白くないし、早くも仕事辞めたいな。とか思っていませんか。

大学のときには華やかに見えた会社であったのにも、だんだんと卒業間際にこれから自分が進む業界の闇について知ってしまった場合はかなり不安ですよね。入社してすぐに辞める選択肢も考えると思いますが、どうなるのでしょうか?




仕事を辞めることはできるが転職には不利

結論、入社1か月で会社を辞めることは可能です。しかし、今後の転職活動を考えるとかなり不利になります。

なぜなら、短期で離職をした人は、選考の際に避けられるのが一般的だからです。このような人は、「すぐに辞める人」と考えられて、採用する側からしてみれば、雇っても辞める人なのでは?というような疑問が残ります。

このような点を考えると、すぐに辞めてしまうというのは、かなりギャンブルだと言えるでしょう。

新卒が1か月で辞めるとアピールポイントがない?

新卒が一か月で辞めてしまうと、次は就活ではなくて、転職活動ということになります。そう考えると、一か月で辞めてしまった新卒は不利だと言えます。

なぜなら、就活と違い、転職活動は自分の持っているスキルやこれまでの経験をアピールする必要があるからです。

もし新卒一か月で辞めてしまうと、何も武器がないまま、冒険に出るのと同じで、ボロボロになってしまう可能性も考えらえます。

あと1~2か月続けられないか考えてみましょう

入社一か月ということは4月だという場合が多いでしょう。このような場合は、まず1~2か月は継続できないか試してみましょう。

なぜなら、1か月という短い期間はあまりにも短い期間になりすぎて、何もアピールポイントがないためです。全力で1、2か月やれば、その1、2か月全力でやった気づきというのをアピールできる可能性があります。

また、1、2か月だけ続けてみよう、という気分でやっているとなんだかんだ何か月かは続けられているという場合もあります。なんだかんだ5月はゴールデンウィークとかで休みが多い人もいると思うので、なんだかんだ3か月はあっという間です。




新卒が辞めたいと思ったときは理由を振り返ろう

なぜ自分は辞めたいと思っているのか、悩んだらまずこれを考えてみることが大事です。自分が嫌だったこと、ストレスに感じていることをA4の用紙に書いてみてください。

振り返ることが大事な理由は、場合によっては転職をしない方が良い理由の可能性もあるからです。新卒ですぐに辞めたいと思っていても、それは新卒特有の必ずぶち当たる壁の可能性があります。

もしこの新卒特有の辞めたいという理由を解決せずに辞めてしまうと、次に行った会社でも同じ悩みが発生して、解決できないまま苦悩することになるのです。

新卒特有の社会人慣れできずに辞めたいと思うケース

新卒入社で辞めたいと思っている人は、その会社が嫌なのではなくて、単に社会人慣れしていないくて辞めたいと思っている可能性があります。その場合は今の会社を辞めても、その悩みにぶち当たります。

社会人と言うのはお金を貰う立場です、つまりは人のため社会のために何かしら尽くさなくてはなりません。自分が嫌だと思うこともお金をもらうためには我慢してやらなくてはならない、これが現実です。

コンビニで袋詰めしてもらうのも、牛丼を作ってもらうのも、居酒屋で飲み物を持ってきてくれるのも、こちらが金を払っているからです。このように自分はどこかでお客様、会社で働くときはその反対になるということを覚えておく必要があるでしょう。

経験値が浅く単にプレッシャーがかかっているだけかも

仕事を辞めたいと感じているのは、その仕事に慣れておらず、プレッシャーを感じてしまう可能性があります。

わからないことが多い、初めてやることというのは、ミスが多く発生するものです。ミスが多くて、精神的に参ってしまう可能性があります。

ある程度慣れてくると失敗やミスというのも減るのですが、それに耐えられずに辞めたいという気持ちが生まれてしまいます。

学生時代に部活をやっていた人であれば、部活入りたての頃はシュートがなかなか入らないとかあったと思います。仕事に関してもそれと同じです。

ある程度の期間続けることによって、仕事というのも段々とうまく行くようになっていくものと考えてみましょう。

完全なるミスマッチだったと気が付いた

もうひとつ最後に紹介する理由は、仕事がミスマッチだったというケースです。実際に働いてみたけれども、この職種が自分の特性にあっていないと感じるものです。

これは先ほど述べた2つの理由とは大きく異なります。さきほどの辞めたくなる理由は、単純に社会人としての慣れが足りず、陥りがちな罠と言えるでしょう。

しかし、このミスマッチというのは、完全に自分が今の職種とあっていない。ということが分かると、今の職種を続けるのも苦痛です。そして、新たな職種や仕事に取り組むことも検討した方が良いでしょう。

今の仕事をやめるとなると、確かに採用の場で不利になる可能性も否めません。しかし、早く次の職種を探すということは、人生において早くチャレンジすることになりますから、かなりのアドバンテージを取れることになります。




どうしても辞めたいなら今すぐ辞める

すぐに辞めるリスクを考えても、それでもやめたいという場合は、今すぐ行動してください。なぜなら、本当にやりたいことというのがあるならば先に行動した方が近道になるからです。

そのほか、「将来的に今の会社で頑張っても理想の状態を描けない」という場合も、早めに今の環境から脱出する方が良いでしょう。

社会人になりたてで、退職の仕方が分からないという方は、「退職代行」という退職の手続きをしてくれるサービスもあるので、利用を検討してみましょう。

▶:退職代行サービスのNEXT

若手を欲しがる企業は結構いる

短期離職をするのは、転職において不利と言えますが、必ずしも転職ができないわけではありません。

新卒一ヶ月ですぐに辞めてスキルがなかったとしても、内定を狙うことができる会社はありまして、それは若手を欲しがっている会社です。

新卒の採用活動で全然集まりが悪かったとか、また業績が伸びて事業を拡大したいという場合は、若手の未経験でも選考を受けることができます。

仕事と並行して転職活動をはじめてみよう

今すぐ辞めるのが怖いという人、例えば収入がなくなってしまうのを恐れている人は今の仕事と並行して転職活動をしてみるのが良いでしょう。

転職系のサービスに登録して、会社終わりに面接を受けてみるのもありです。

確かに新卒というのは、仕事を覚えなくてはいけないので、労働時間が伸びがちです、しかし入社して1ヶ月目だからこそ早めに帰られているので、行動をするなら今のうちなのかもしれません。




若手向けの転職サービスを活用してみましょう

入社一か月で辞める人は、若手向けの転職サービスを利用するのが良いです。 普通の転職サービスというのは、これまでのスキルを活かせる職場というのを自分で探さなくてはなりません。
それに対して、若手向けの転職サービスは、入社してすぐに辞めてしまった人でも面接を受けられます。なぜこのような求人があるのかと言うと、やはりどこの会社も人材難だからです。

またイチからチャレンジできる環境がある

全くスキルが無い状態でも、また一から頑張れるような会社はあります。なぜ雇ってくれるのかというと、ある程度の経験者はお金がかかりますしクセがあるからです。

それに対して、若手というのは吸収力もありますし、会社のカラーに育ってくれる可能性も考えられます。

そのような、考えから若手の第二新卒で会ったり、既卒を雇ってくれたりする会社というのも存在しているわけです。

未経験向けの転職サービスを紹介

実際に新卒1か月で辞める人、辞めたい人なら利用するサービスの選び方は注意が必要です。一般的な転職系サービスを使っても、スキルがない分、転職活動は難航するでしょう。

このような場合は、未経験でも内定を狙える若手向けの転職サービスを利用してみるのが良いでしょう。もちろん、転職するかどうか迷っている途中の人でも利用ができるので安心してください。

おすすめ1:ウズウズカレッジ



ウズウズカレッジは、就活サポート(キャリアカウンセリング・求人紹介・面接対策)を完全無料でしてくれるサービスです。

仕事に必要な「ITスキル」や「ビジネスマナー」など、さまざまなスキルを学習するカリキュラムも用意されています。

すぐに辞めた第二新卒だけではなく、既卒、就職浪人、大学中退の人でも内定をゲットしているのです。

もちろん、入社一か月で辞める人でも利用はできます。入社一カ月で辞めても、就職はできているという経験は活かせると思いますよ。

ただし、来訪(新宿)にある事務所まで行く必要があるので、通えない人は利用できないのでご注意ください。

おすすめ2:DYM就職



DYM就職は、既卒・第二新卒に特化した就職支援サービスです。すごいのはフリーターやニートでも利用が可能だということ。

普通はフリーターやニートって就職が決まらないから利用を断られるのですが、ここはそんなことはありません。

担当者が話を聞いてくれて、それで選考スキップの求人なんかも紹介してくれるので、最短1週間で内定をゲットできる可能性もあります。

まとめ

新卒入社の人が1カ月で辞めてしまうと、今後の転職活動でその経歴が影響してくる可能性があります。まずは、仕事を何か月か続けてみて、できそうかどうか考えてみるのも一つの手でしょう。

しかし、どうしてもこの会社はヤバイな。と判断をして転職活動を決意したならば、行動は早い方が良いです。いつまでもズルズルとならないように、入社したての早い時期に動き出しましょう。

早く辞めるのは一見デメリットかもしれませんが、そのようにすぐに辞めてしまった人向けのサービスもあります。第二新卒や既卒、フリーターでも働き手を求めている会社は多いので探してみてください。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本サイトは適切な情報を提供するように注力しておりますが、いかなるものも保証するものではございません。時期や状況により情報が変わることがございますので、最終的な判断はご自身の調査のもと意思決定を行ってください。また本サイトでご紹介している第三者のサービスや商品におけるトラブルについては一切の責任を負いません。

-022_転職
-

Copyright© ふぁいなんさる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.