-700万円の借金・ワープアから脱出する日記。どん底から収入をあげるために日々奮闘中。【転職・副業・節約】

ワープア脱出どっとこむ

010_お金

年収300万円以下の会社に入ってしまった場合どうすれば良いのか?

投稿日:2019年9月17日 更新日:

年収300万円以下で生活している人は、どうにかして苦しい現状を抜け出したいと思っているのではないのでしょうか?

その苦しい生活を抜け出すために、何か行動はしているでしょうか?

年収が300万円以下となると、手取りは20万円くらいになるでしょう。所得税や社会保険料が引かれて240万円の手取りとなります。

とくにボーナスを考えないのであれば、手取りは20万円程度で、一人で暮らしていくのであれば問題はないのですが、家族を持つとなると現実的に厳しいかもしれません。

年収300万円以下の人はどれくらいいるのか?

年収300万円の人はどれくらいいるのか、日本人のどれくらいが、この年収なのかをみてみると、以下のような感じです。

参考:http://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2017/pdf/001.pdf

上記のように男性で20%程度、女性で50%越えの数字となっています。

このように実際に年収300万円以下となってる人が多くて、生活が苦しいという世帯も多くあるのです。
1人暮らしで会えば良いのですが、結婚して家庭を持つとなると非常に苦しい状態を強いられる場合があるでしょう。

上記のように、年収300万以下の人が多いという現状がありますが、それでも、これから年収が伸びていくのであれば、勤続していても良いかもしれません。

一般的には勤続していると給料が伸びると言われていますが、場合によっては全く給料が変わらないというような会社もあります。

このような会社に入ってしまった場合は、早めのうちに行動をするのが良いかもしれません。

年収300万円以下は恋愛ができても結婚ができない!?

女性が男性に求める年収というのは400万円~600万円が現実的だとのこと...。

そう考えると、300万円以下はそれに到底及ばずといったところでしょうか。女性が出産をすると仮定すると、一時的に労働できなくなりますから、その点を考えると年収300万円以下で家族を養うのはかなりきつい状態になると言わざるを得ません。

これは友人の話なのですが、もともと年収が高く付き合っているときは、イケイケな雰囲気だったんです。

しかし、結婚後、転職をして年収が下がり奥さんもバイトをはじめて挙げ句の果てには逃げたい...と言われてしまったんですよね。

やはり年収が低いと、不安にさせてしまうということがあるみたいです。

年収300万円以下の場合はマイホームを諦める?

年収300万円以下となると、マイホームを諦めなくてはならないかもしれません。

マイホームを建てるためには、頭金を用意しなくてはなりませんし、ローンを組むのにも年収を確認されます。

だいたい住宅ローンというのは年収の5~6倍程度までしか借りられないので、300だと、×5で1500万円くらいなのです。

そう考えると新たにマイホームを買うというのは、かなりきつい状態と言えるでしょう。

年収300万円の場合だと、親から物件をもらわない限り賃貸で暮らすのが一般的になるでしょう。

年収300万円以下の場合は自動車を持つことを諦める?!

年収300万円以下となると、自動車もなかなか持つのが厳しいと言えるでしょう。実際に都会となると、電車があって移動は比較的楽かもしれません。

しかし、地方都市に住むとなると、やはり自動車は必須と言えるでしょう。年収300万円以下となると、自動車の維持が厳しくなってくるかもしれません。

年収300万円以下は旅行や娯楽費を諦めなくてはならない!?

年収300万円以下となると、周りのひとよりも旅行やレジャー関係を安く抑える必要があるでしょう。

できることなら毎月旅行にいったり、遊びにいったりとしてみたいと思います。しかしこのような遊びを我慢して節約しなくてはならないケースも時にあるでしょう。

じゃあ一体どうすれば年収300万円を脱出できるのか?

率直に転職活動をするのが一番早い。これに尽きると筆者は考えています。

副業や投資をするという選択肢もありますが、投資はそもそも元本を用意するのが辛いでしょう。必要な元本を用意するのに何ヶ月もかかってしまいます。

また副業というのは、なかなか始めにくい印象もありますし、結構体力が削られていきます。非常に昼は眠くて集中力が途切れる場合もあります。

結局は年収を補うために副業をするとなると、労働時間を増やして、働いていることになります。

このようにできることなら、ある程度はフルタイムの時間だけで、給料と増やしていくのが理想的だと言えるでしょう。

もちろん副業で一発逆転をしたい!という方はチャレンジしてみても良いのですが、それをするにはかなりのコミット力が必要で場合によっては本業をやりきる体力も失われてしまうかもしれません。

年収が300万円以下の職種をカットして候補を絞る

正直年収が上がることを期待して転職活動をするのは、良くないと思います。今の御時世、給料なんてめったにあがりません。

しかし、給料が最初の時点で指定されているのであれば、そこに絞って転職活動をするのが良いでしょう。

ちなみに給料というのは、一度上げると下げることってなかなかできないんですよね。これは法律によってなかなかできなくなっていると。

だからこそ企業はなかなか昇給をさせようと思わないわけです。一度上げたら、その昇給が足を引っ張るわけですから。

それを逆手に考えるのであれば、最初の段階で給料が高い職種を選んでおけば、なかなか下がりづらい(下がらない)というわけです。

今、自分が給料が低い...。と思っている企業は、自分がこの給料で納得して、やがて上がるだろう...。と思って入社した会社ですが、それは上がるだろう....。という安易な気持ちにより入社したのがいけません。

今のぬるま湯につかったままにするか行動するか

現状300万円以下の場合でも、仕事が楽しくてゆるゆるできる、というような環境で飛び出すのが億劫だというケースもあるでしょう。

しかし、そのような楽さと将来的な人生を天秤にかけたときに、どっちが厳しいのかというのを比べたほうが良いです。

今、何に悩んでいるのか?将来的な不安に対して悩んでいるのであれば、それに対してのアクションをいち早くするべきでしょう。

ちなみに30代後半になると、なかなかいろいろなスキルやノウハウを持っている必要がありますが、20代~30代前半であれば、未経験からの転職も可能だというのが一般的です。30代だと少し厳しいかもしれませんが、なくはない。といった状況です。

35歳までなら一般的に未経験でも転職はいける

基本的に求人票を探せばだいたい35歳までは未経験でチャレンジできる会社というのが、だいたいあります。全然見つからないよ、という方はおそらく調査不足でしょう。

法律でも長期雇用の目的のため35歳まで~~というような法律みたいなものがあり、たま~にそのような記載があります。しかし、反対に考えてみれば35歳までであれば、チャンスがあるということです。

年齢で落ちてしまったらどうすればよいのか

35歳で未経験の職種にチャレンジしたいという方は、転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

しかし、35歳でまともに面倒を見てくれるエージェントとかいるのか?あってもスキルが必要なんじゃないか?と感じるかもしれません。

そんなときはフリーターとか未経験向けの転職サイトを利用するのが良いでしょう。

例えば【第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職】では、35歳までなら未経験でチャレンジできます。

名前にもあるとおり、大学卒業したての既卒だったり、フリーターだったりでも利用できるので、社会人として働いている人にもおすすめです。

ちなみに、高卒も大学中退もいけるとのことなので、かなり利用条件は広いと言えるでしょう。

また他にも【大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo】さんも利用してもよいかもしれません。名前の通り、高卒・中卒でも利用資格はあるので、ぜひ活用してみても良いでしょう。

またコンスタントに、今の職種でそのまま同じ業界で転職をしたい!という人は、【リクルートエージェント】なんかが王道なので、登録してみてください。

どうしても転職ができないのであれば副業か投資か

どうしても転職ができないという場合は、今の会社で副業なり投資なりをしてみると良いでしょう。

世の中にはいろいろと副業や投資に関する本が売っているので、まずはその書籍を手にとってみることから初めてみてください。

ただ投資をするとなると、元本が必要になるのでなるべく給料の高い会社である必要があります。

そして、副業をするなら時間がひつようなので、きちんと定時であがれて残業をしないような会社を選ぶのが良いでしょう、

-010_お金

Copyright© ワープア脱出どっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.