027_労働時間

年間休日の平均ってどれくらいの日数なの?業種別のデータも紹介

投稿日:

こんな方におすすめ

  • 年間休日の平均ってどれくらいなの?
  • 自分はもしかしたら休みが少ないかもしれない
  • もし少ない場合はどうすれば良いのか

年間休日の平均は120日くらい

休日の平均は120日と言われています。一年間にある土日休みや祝日及び年末年始を追加すると、120日前後になるのです。そのような会社は、完全週休二日制というように求人に記載されているはずです。

休日は平日に仕事で疲れた体を癒すためにあります。それだけではなくて旅行に行ったり自分の趣味に打ち込んだりすることでストレスもリフレッシュすることができます。

年間休日を調査したデータはどれくらい?

年間休日120日というのは、土日祝日または年末年始を加えるとそれぐらいになるはずです。しかし実際にどれぐらい年間休日があるのかというのを調査したデータがあるので、そちらを確認してみるのが良いでしょう。

厚生労働省が実施した就労条件総合調査(平成31年)によると、年間休日の平均は108.9日という記録になりました。一般的な会社と比較すると非常に少ないと思われます。暦の意味考えるのであれば120日は取れても当然だとは思います。

就労条件総合調査

会社の規模によって年間休日に差が生まれている

年間休日の平均の内訳を見てみると会社規模が大きくなればなるほど、休みも多い傾向にあるという結論が出ました。従業員数1000人以上の会社では、115日以上の休みがあるのに対して、300人から1000人位の会社では113日。また、30人から100人程度の小規模な会社では、平均の年間休日数というのが107日になりました。

この点から考えるに、やはり大手というのは福利厚生がしっかりしていて休日も確保できると考えられます。それに対して、中小企業やベンチャー企業という規模が小さい会社については、年間休日が少なくゴリゴリ働くという印象を受けますね。

業種ごとに違いはあるのか?


画像引用就労条件総合調査
上記の画像は厚生労働省の平成30年就労条件総合調査を掲載したものです。最新のデータがこれになっています。少し見にくいので、年間休日のところだけ抽出してみてみましょう。

順位 業種 年間休日
1 情報通信業 118.8
1 学術研究、専門・技術サービス業 118.8
3 金融業、保険業 118.4
4 電気・ガス・熱供給・水道業 116.8
5 教育、学習支援業 112.7
6 製造業 111.4
7 複合サービス事業 110.4
8 不動産業、物品賃貸業 109.6
9 医療、福祉 109.4
10 サービス業(他に分類されないもの) 109
11 卸売業、小売業 105.7
12 生活関連サービス業,娯楽業 104.6
13 建設業 104
14 鉱業、採石業、砂利採取業 103.8
15 運輸業、郵便業 100.3
16 宿泊業、飲食サービス業 97.1

業種別に見てみると、情報通信料や学術研究系または金融保険料というのがトップに並んでいます。要はスマホのキャリアとかインターネット系のサービスを展開している会社ですね。このような会社は100滴福利厚生が充実している印象があります。

その他金融系というのは土日にしっかり休もうという風潮なので、土日はきちんとお休みをします金融のシステムも土日は動かさないと言う決まりになっています。学術系というのはやはりこれも休みが多いです。大学系のお仕事なんかは結構ホワイトな印象を受けます。

年間休日を気にするなら業種も念頭に置く

転職活動をする際に年間休日を手にするのであれば業種というのにも着目しておくべきでしょう。理由としては業種ごとに年間休日の傾向というのが現れるからです。上記の表のように業種ごとに年間休日を表しているのもその理由があります。

結局のところ会社によって、年間休日が多い少ないというような議論もありますが。やはり年間休日というのはその業種によって異なると言えるでしょう
つまり自分の会社はブラックだ年間休日が少ないというような愚痴をこぼしたとしても、業界全体的にそのような傾向にあるため全く無意味なのです。

もし年間休日が少ない企業で働きたいと言うのであれば、まず戦うフィールドとを選ぶ必要があるのです。つまりその業種職種をどうするのかというのが非常に重要なポイントとなってくるでしょう。

まとめ

日本の年間休日の平均は108日という結果になりましたがこれは少ないからといって言い方になるとは限りません。労働基準法で定められた基準によると大体105日ぐらいの労働というのがギリギリのラインになってきます。

厚生労働省か調査したデータによると年間休日の平均というのは業種によって異なるようです。その他会社の規模によっても異なり傾向としては大企業の場合が多くて中小企業になっていくと年間休日が少なくなる傾向にあります。

やはり、大企業の方が福利厚生や年間休日というところもしっかり取り入れており、法律に応じた労働を集まりコンプライアンスを徹底しているということがわかります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本サイトは適切な情報を提供するように注力しておりますが、いかなるものも保証するものではございません。時期や状況により情報が変わることがございますので、最終的な判断はご自身の調査のもと意思決定を行ってください。また本サイトでご紹介している第三者のサービスや商品におけるトラブルについては一切の責任を負いません。

-027_労働時間
-

Copyright© ふぁいなんさる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.