-700万円の借金・ワープアから脱出する日記。どん底から収入をあげるために日々奮闘中。【転職・副業・節約】

ワープア脱出どっとこむ

021_キャリア

無期雇用派遣という雇用形態の特徴とメリット・デメリット

投稿日:

転職活動

無期雇用派遣とは、派遣会社と期間を決めずに、雇用契約を結び派遣のスタッフとして働くことです。

一般的に派遣社員というのは、有期雇用社員というのがメインで、その場合は期間を決めて派遣スタッフとして働きます。

そもそも派遣社員とはどういうものかと言うと、派遣会社に登録して、その派遣会社から派遣先の企業へ向かうわけです。

この時、有期雇用派遣の人は、3年ルールといって同じ企業に行ってから3年までしか働けないというルールがあるのです。

それに対して無期雇用派遣というのは、その3年という縛りがなく、一つの会社でずっと働くことができる雇用形態なのです。

まず派遣の種類をおさらいしよう

まずは派遣の種類をおさらいしておきましょう。派遣社員登用には「無期雇用派遣」と「登録型派遣」というのがあります。無期雇用派遣というのは正式名称は常用型派遣と言います。

無期雇用型派遣(常用型派遣)の特徴

常用型派遣というのは、派遣会社に登録して、派遣先の企業の面接を受けて、働く先を決めます。
派遣先が決まってない状態でも派遣会社の社員として、雇用契約を結んでいるため、 その間も給料が発生します。

この雇用形態というのは、期間の定めがないため、無期雇用派遣と言うわけです。

登録型派遣の特徴

登録型派遣っていうのは、派遣会社に登録をして派遣で働いている期間だけ雇用契約が生まれる仕組みになっています。

主に採用の面接というのはなくて、働きたいときに派遣先を紹介してもらうことがあります。ただ一番最初は事前の登録をしておく必要があります。

無期雇用派遣と登録型派遣の主な違い

無期雇用派遣と登録型派遣の主な違いは、給料の支払い方だったり待遇だったりが挙げられます。
無期雇用派遣というのは派遣会社と期間を決めずに、雇用契約を結んでいるため、毎月決まった給料をもらうことができます。

それに対して、登録型派遣というのは1回の派遣が終われば、また次の派遣先を探さなくてはなりません。

登録型派遣というのは働いた時間だけ給料が発生するため、次の派遣先が見つかるまでは 無収入ということになります。

また福利厚生の面でも、違いが出る可能性があります。

無期雇用派遣の人は、派遣元の会社と雇用形態を結んでいるため、いわばそこの社員であります。

有給休暇がついたり、またきちんと社会保険がついたり、そういった福利厚生というものの恩恵を受けることができます。

それに対して登録型派遣というのは、その会社の福利厚生を受けられる可能性は少なくなってくるでしょう。

無期雇用派遣で働く3つのメリット

転職活動の際に無期雇用派遣という言葉を聞いたのであれば、まずその働き方のメリットデメリットを探る必要があります。

安易にその雇用形態を選ぶのではなくて、きちふんと自分で納得した上でその選択肢を取ることが大切です。

1.同じ職場で継続して働くことができる

無期雇用派遣になるかどうか悩んでいる人の中には、有期雇用派遣からの切り替えを考えてる人もいるかもしれません。

そうです、有期雇用派遣の人は3年ルールという決まりから同じ職場にずっと働くことができません。

有期雇用派遣で3年過ぎたタイミングで、無期雇用派遣にならないかと提案される可能性もあるでしょう。

有期雇用派遣であるがゆえに、職場を変えなくてはならない、という事態が発生してしまうと長期的なキャリアの構築が難しくなってしまいます。

どうしても同じ会社でスキルアップやレベルアップを図りたい。また今の会社で続けていきたいという人は有期雇用派遣にするのが良いでしょう。

2.安定した収入を得ることができる

先ほど無期雇用派遣と有期雇用派遣の主な違いでも話したように、無期雇用派遣は、次の職場が見つかるまでの間の収入が発生します。

派遣元の会社の社員として雇用されている為、毎月毎月収入が発生するわけです。

これは休日にも関連することで、例えば連休が続いてあんまり働いていないという月でも毎月の月給制であるため、収入が極端に減るというリスクを避けることができるわけです。

3.昇給やボーナス・交通費など

無期雇用派遣は派遣元の企業と雇用契約を結ぶので、一般的な社員として扱われることがほとんどです。

どのようなことがあるのかと言うと、その会社のボーナスを受け取ることもできます。また自身のスキルや評価によっては、給料というものが上がる可能性も考えられます。

その他のポイントとしては交通費が支払われるかどうかという問題です。

有期雇用派遣登録型派遣の人は給料の中に交通費が入ってるという場合が多く、反対に無期雇用派遣になると給料とは別に交通費をもらえる可能性があります。

無期雇用派遣で働く3つのデメリット

無期雇用派遣の特徴はメリットだけではなくて、デメリットもあります。

先ほど解説したような内容を見て、ヤッタ~!思うのではなくて、デメリットもきちんと確認した上で、その雇用形態で働くのかどうかというのを気にしましょう。

1.採用選考を受けなくてはならない

基本的に無期雇用派遣で働くためには、派遣会社による採用選考を 通過しないといけません。
登録型派遣のように登録して終わりというのではなくて、無期雇用派遣の仕組みを理解した上で応募する必要があります。

働く意欲がない人や経験や実績がない人に関しては、無期雇用派遣法やるハードルが高くなります。一般的には何回もエントリーや書類選考を経て採用をします。

2.働きつづけなければならないプレッシャー

先ほどお伝えしたように、常用型派遣というのは派遣元の会社に雇われているため、給料が出ます。

もちろん次の派遣先が見つかるまでの間、給料をもらえるのです。ただ何もしないでいる社員に対して給料を払うほど派遣元の会社は甘くありません。

そのためすぐに次の派遣先の企業へつかせようとしてきます。このような点を考えるともともと好きな時に働いて、好きな時に稼ぐといった派遣のメリットというのが失われているようにも考えられます。

場合によっては、自分が希望していない職種職場へ派遣されてしまうリスクもあり、なるべく早く次の会社を見つけなくちゃというプレッシャーにやられてしまうこともあるのです。

3.派遣元の会社でズルズルと居続けてしまう

無期雇用派遣のデメリットは、派遣元の会社でずるずると何年も続けてしまうということです。
派遣元の会社に雇用されているわけですから、その運命は派遣元の会社に握られてると言っても過言ではありません。

好きな時に働いて好きな時に稼ぐと言った有期雇用登録型のメリットも失われてしまい、給料が固定されてしまうという可能性もあるのです。

派遣社員はたくさん働けば、時給制なのでお金を稼げるというケースもあるのですが常用型派遣になってしまった場合は固定になってしまうケースもあるのです。

またもう一つ有期雇用型派遣の場合は色々な会社に行くので、その派遣先が企業で社員にならないか?と誘われるケースもあります。

これが無期雇用派遣の場合は、派遣元の会社と既に雇用を結んでいるので、場合によってはそのように派遣先の会社で働かないか?言われても派遣元に権限を握られている可能性もあるのです。

まとめ:雇用形態の特徴を把握して吟味しよう

転職活動をしている際に、無期雇用派遣というようなワードを見かけた際には、必ずその特徴をよく考えて、自身に合った働き方なのかどうかを吟味してください。

就職活動の雇用というのは、非常に重要なもので、今だけではなくてこれからのキャリアを歩んでいく上でも必ず考えておくべき項目です。

働いてみてどうしても合わないという場合は、また一からやり直しになってしまう可能性も考えられます。このようなことになると常に時間の無駄になってしまいますのでよく考えて動きましょう。

-021_キャリア
-

Copyright© ワープア脱出どっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.