-700万円の借金・ワープアから脱出する日記。どん底から収入をあげるために日々奮闘中。【転職・副業・節約】

ワープア脱出どっとこむ

024_仕事術

PCのキーボードとマウス操作を劇的にスピードアップさせる環境構築

投稿日:2019年8月30日 更新日:

・PCの作業スピードをあげたい
・すこしでも効率化したい
・遅いのは嫌だ

PC作業で、こんな悩みを抱えている人に向けて解説します。

PCを購入してから、デフォルトの設定のままにしていませんか?

実は設定を変えることで、作業スピードが劇的に上がる可能性があります。

今回は、PCのキーボードとマウスの速度をあげる設定について解説していきたいと思います。

■今回、設定を変更するPC
・WINDOWS10
・ノートPC
筆者が持っているPCがTHINKPADであるため、こちらで解説していきます。
MACユーザーの方はごめんなさい。

その前に|ノートPCはタッチパッドを活用しよう

キーボード&マウス操作をスピードアップさせる前に。

まず強く主張したいのは、「ノート PCの場合はマウスを使わない」ということ。

付いているタッチパッドで操作しましょう。

なぜなら、キーボードとマウス。手が移動するたびに時間がかかるからです。

マウスの場合、カーソルを正確な位置に持ってくるのに時間を取ります。

マウスがあるだけで、机の上も狭くなります。

マウスを使わないと仕事がスピードアップするワケ|ショートカットも紹介

みなさんはパソコンで作業するときに、マウスを使っていますか? もしマウスを使っていて、作業スピード上げたい思っているなら、【マウスを使わない】ことを検討してみるのも良いかもしれません。 もちろんデスク ...

一番、良いのがキーボードから手を離さないこと。すべてコマンド入力で完結することです。

しかし、玄人でない限り、カーソル移動はするとおもうので、せめてタッチパッドといったところです。

カーソルの移動スピードを劇的に上げる

まずは、マウスの移動スピードをあげましょう。これは、実際に変更してみて、自身に合ったスピードにしてください。

カーソルの移動スピードを速めすぎて、「操作しづらい」となったら、本末転倒です。

ノート PCの場合、タッチパッドとマウスの移動スピードを変えるのは、別の場所で行うので分けて解説していきます。

タッチパッドの移動スピードを変える

まずはPCの左下のウインドウズマークを押してください。そして、歯車のマークがあるので、それが設定です。そこをポチッ!

すると「Windowsの設定」という画面に行きます。「デバイス、Bluetooth、マウス、プリンター」というところを押しましょう。

次にタッチパッドのという項目が左にあると思います。クリックして【カーソルの速度を変更する】があると思います。

これでスピードが変わります。僕は10段階設定で、9に設定しています

マウスの移動スピードを変える

ちなみにマウスを利用する場合で、カーソルの移動を上げたい場合は上記の画像の手順です。

【マウス】→【その他のマウスオプション】→【ポインターの速度を選択する】

この順番で設定ページに行きましょう。

キーボードの表示スピードを変更してみよう

まずは【コントロールパネル】を開きましょう。

左下ウインドウズマークから、【Windowsシステムツール】。そのフォルダ内にある、コントロールパネルをクリックしましょう。

すると、以下のようなコントロールパネルの画面に行きます。

コントロールパネルを開いたら、右上の表示方法を「小さなアイコン」に変えてください。もとは「カテゴリ」になっていると思います。

すると、設定項目一覧が出るので、そのなかの「キーボード」を選択しましょう。

最後にキーボードのプロパティで設定を変更してOKすれば、スピードが速くなります。

表示までの待ち時間

キーボードを押しっぱなしにしたとき。1文字目が表示されてから、2文字目が表示されるまでの待ち時間です。

連続長押しモードになるまで、少し間隔がありますよね?それです。長押しすると、

「タッ、ターーーーーーーーーーーー」

という感じで表示されますが、この「、」の部分の間隔が狭くなります。

方向キー長押しで移動する際や、バックスペースを長押しする際は、有効だと思います。

表示の間隔

こちらもキーボードを長押ししときに有効ですが、

文字と文字が表示される際の間隔を表します。

長押しすると、

「タッ、ターーーーーーーーーーーー」という感じに文字が表示されますが、

この伸ばし棒と伸ばし棒の間隔が狭くなるんですね。

【上級】regeditで変更をしてさらにスピードを上げよう

先ほどの設定でスピードを上げた、カーソルの移動ですが、これよりも早くスピードを上げることができます。

PC 上の設定で【regedit】というものがあるのですが、これを調整します。

まずは、【Windowsマーク+R】を押してください。

すると、【ファイル名を指定して実行】がでてきます。

そこに【regedit】と打ち込んで、エンターを押しましょう。

実際に数値を下げてみる

上記の画像のように、ファイルの階層が出てくるので、【HKEY_CURRENT_USER】→【Control Panel】→【Accessibility】→【Keyboard Response】というように、クリックしていきましょう。

すると、その階層に以下の2つがあります。

AutoRepeatDelay
AutoRepeatRate

これがさきほど解説した表示までの待ち時間と表示間隔にあたります。ともに、数値を短く設定するほど、スピードがあがります。ちなみに筆者は1に設定しています。

まとめ:環境設定は大事

今回は、パソコンのキーボードと、マウス操作の環境について解説しました。

基本的に設定といっても、たった1秒程度の違いでしょう。

しかし、この1秒1秒の積み重ねが将来的に大きな差へと繋がります。

PCの設定をサクサク動かしたいという方は、5分くらいで設定できるので、検討してみてください。

-024_仕事術
-

Copyright© ワープア脱出どっとこむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.