お金持ちに進化したいおさるが発信する金融メディア

ふぁいなんさる




042_ブログ・アフィリエイト

グーグルアドセンスの審査に落ちた原因と改善策

投稿日:2019年12月4日 更新日:

グーグルアドセンスの審査に通過したい!でも、何回も何回も落ちている!こんな状態って悔しいですよね。

「ブログで稼ぎたい」と考えていても、いざアドセンスに申し込みをしてみたら落ちるなんて、と思っている人もいるでしょう。

今回は、グーグルアドセンスの審査に落ちた場合は、どのような改善をすればよいのか、記事にまとめてみましたので参考にしてみてください。

まずはGoogleアドセンスに通るための前段階!

Googleアドセンスの審査に落ちる理由はいくつかありますが、まずはそれ以前にブログの体裁が整っていないとだめです。

まずは、Googleアドセンスへ申し込みをする前にいくつかの確認事項があるのでチェックしておきましょう。

アドセンスに申し込みする前は定期的に記事をアップする

アドセンスへ申し込みをする前には、定期的に記事を投稿するのが良いでしょう。

なぜなら、毎日更新していることで、きちんとしたブログなんだなとGoogleは認識をするためです。もし全然更新していないブログがあったら、落ちてしまうでしょう。

全然更新していないブログだし、審査に通すのは微妙だなとGoogleに判断されてしまえば、審査には通りません。

1500文字から2000文字の記事を20投稿くらいしよう

Googleに記事を投稿する際は、1500文字から2000文字くらいの記事を20個くらいは投稿しましょう。

これは人によって何記事で、または何文字で審査に通過するかはズレてきますが、だいたいはこれくらいと考えておきましょう。

1500文字以上というのは、一般的に考えてみたら、それ以下のものだと、内容が薄っぺらいページだなと判断されてしまうのです。

ただし文字数稼ぎをするのは避けてください。無意味な言い回しで文字数を稼ごうとしても、それはGoogleにばれてしまいます。

10記事程度でも受かる可能性アリ?
上記で20記事は投稿する必要があると述べましたが、世の中には10記事で審査に通過した人がいるのも事実です。記事のボリュームが大きくて、内容も魅力的だと判断されれば、審査に通過する可能性があります。

継続して投稿していることが重要な理由とは

ブログの記事に関しては連続して何日か投稿しているのが良いでしょう。また記事数についてもある程度あった方が良いでしょう。

理想としては、ブログやって1か月くらい毎日投稿していますよ、というような雰囲気を醸し出すことでしょう。

やはり何記事かブログないと、薄っぺらいサイトだなあと思われてしまう可能性があります。

継続して記事を投稿しているというのは、そのブログには継続性があるのかを確かめています。

一気に同じ日に記事を投稿してもやる気が燃えつきて、記事が投稿されない可能性がありますからね。そのため継続して投稿をすることが大切です。

もし継続して投稿することが難しい場合は、ブログの予約投稿機能で、日付を指定して投稿しましょう。

コピーコンテンツは絶対にやっちゃダメ!

Googleアドセンスの審査に落ちる原因のひとつにコピーコンテンツが挙げられます。具体的には、人のブログの文章をまるまる使うことです。

これはGoogleアドセンスの審査以前に、そもそもインターネットのルール上パクっちゃいけません。

Googleはインターネット上に同じ文章があるとすぐに分かります。そのため人の文章を丸々パクるのは回避してください。

もちろん画像を勝手に拝借するのもNGです!

インターネット上にあるほとんどの画像は、勝手に自分のブログに張り付けることはできません。画像には作った人の著作権があるので、勝手に使うと訴えられてしまいます。

Googleでも同じような画像がある場合は、違法な使い方をしているね!と分かるので、アドセンスの審査に通ることはないでしょう。

フリー画像もなるべくなら避けた方が良い

インターネットには、自由に使ってよい画像があります。フリー画像というのですが、そのようなサイトから画像をとってきて使うことができます。

しかし、Googleアドセンスの審査を受ける際は、使わない方がよいかもしれません。なぜならフリー画像は勝手に使ってはいいものの、本質を見ればコピーした画像だからです。

もしかしたらGoogleがコピーコンテンツじゃん!と判断してしまった場合は、審査に落ちてしまう可能性があるでしょう。

自分で作った画像でも使い回さない

画像のコピーに関連して、もう一つ注意しておくことが、画像の使い回しです。自分が運営する他のメディアに使っている場合、再度利用するのは避けた方が良いでしょう。

たとえ自身で作成した画像であり、著作権が自身にあったとしても、使用しない方が賢明です。なぜなら、同じ画像を使っていると、それがコピーコンテンツだとGoogleに認識されてしまう恐れがあるからです。

どうしても画像を使いたい場合は、少し手間ではありますが、再度オリジナルな画像を作り直した方が良いでしょう。

ただ、おすすめは画像を使わないということです。Googleアドセンスの審査段階では、画像が原因で審査に通らなかったという話をよく聞きます。そのため、画像をなるべく使わずに、申請してみるというのもひとつの手です。

【重要】Googleアドセンスの審査に落ちる原因

Googleアドセンスの審査に落ちてしまう理由はいくつかあります。アドセンスの審査基準は公開されておらず、いわゆるブラックボックスなのですが、落ちたブログに共通項はあります。

細かく原因を追究していくと、とてもボリュームが大きくなるので、まずはザックリとよくある審査に落ちる原因から確認してみてください。

プライバシーポリシーを設置していない

まず重要なのが、プライバシーポリシー(サイトポリシー)の記載です。サイトポリシーとは、ブログの方針を記載したもので、個人情報や著作権の取り扱いについて主に記載しています。

個人情報に関する記載が主なので、プライバシーポリシーとも言います。Googleアナリティクスをはじめとしたツールで、どのような人がブログを見ているか数値を計測していますよ、という風に記載をします。

このプライバシーポリシーの設置はマストであり、無いと必ず落ちるでしょう。

プライバシーポリシーはリライトして用意しよう!

このプライバシーポリシーの記載に関しては、結構小難しい話になってくるので、頭を抱えている人も多いようです。

そんな人のために、「プライバシーポリシーを書いたから、コピペで使って良いよ」というブロガーもいます。このような人から助けを借りて、コピペをしましょう。

ただし、一文一文が同じだと、Googleからコピーコンテンツだと認識される恐れがあるため、念には念を入れて、リライトをしておくのが良いでしょう。

問い合わせフォームを設置していない

アドセンスの審査に落ちるもう一つの理由は、お問い合わせフォームを設置していないということです。必ずWEBサイトの運営者に連絡ができるような手段を用意しておきましょう。

なぜなら、ウェブサイトの運営者に連絡をできるということは、そのウェブサイトの所在を明確に示しているようなものです。何事も連絡ができるというものは信頼性がありますよね。

お問い合わせフォームの機能はいろいろありますが、初心者におすすめなのはGoogleフォームの利用です。Googleの無料ツールで連絡できるようになっています。

管理者情報が載っていない

プライバシーポリシーやお問い合わせフォームと同様に、申請前に設置しておきたいものです。管理者情報を記載することで、ブログの信頼性に繋がります。

すべてを語る必要はありませんが、名前やどのような目的を持っているのかというのは明確にしておくのが良いでしょう。

匿名でも良いですが、職業や自身の背景といった要素を記載しておくと良いかもしれません。

Googleのポリシーに反するコンテンツ

Googleアドセンスには、コンテンツのポリシーというものがあります。これは「特定のジャンルはアドセンスを利用できませんよ」というものです。アドセンスの審査で、ブログの良しあし以前にこのジャンルに該当するブログはそもそも受かりません。

・違法な行為を助長するコンテンツ
・知的財産権を侵害するコンテンツ
・絶滅危惧種の製品を販売するサイト
・中傷的なコンテンツ(人種・民族・宗教・障害など差別的なもの)
・不正行為を助長するもの(書類の偽造、ハッキング、
・虚偽や誇大広告によるコンテンツ
・悪質なソフトウェアを扱うコンテンツ
・露骨な性的描写を含むコンテンツ
・国際結婚のあっせん
・成人向けのテーマ
・児童の性的虐待や小児性愛
・酒、たばこ、危険ドラッグなど
・武器に関するもの
・ギャンブル系のもの
・報酬プログラム(ポイントサイトの紹介)
・暴力行為やグロデスクなもの

Google サイト運営者向けポリシー - AdSense ヘルプ

企業名やアフィリエイト要素が入っている

記事内に企業名が入っていると審査に落ちやすくなります。企業名が入っていることで、検索する人は気になって検索をします。

そうすると、Googleアドセンスのクリック率が悪くなるんですよね。それはGoogleからしても避けたいことなので、審査に落ちやすくなると考えられるでしょう。

アフィリエイト広告も同様です。アフィリエイトのリンクを張っていることで、Googleアドセンスのクリック率が下がると考えられます。そのため、申請前にはアフィリエイト広告は外しておきたいところです。

Googleアドセンスの再審査を受ける際のポイント

Googleアドセンスの審査に落ちた場合は、再度申し込みをしたい気持ちは分かります。しかし、いったん落ち着いて、何が原因なのかを洗い出してみましょう。

おすすめは、チェックリストを作って、ひとつずつ修正をかけていくことです。面倒だと感じるかもしれませんが、これしか方法はありません。

再申請をする際は多少の期間を開けてみる

ブログの修正が終わり、再申請をする際は注意してください。それは、審査に落ちてから、すぐに申し込みをしてはいけないということです。

なぜかというと、短期間のうちに再申請をしても、そんなすぐにコンテンツは改善されないだろうと、機械的に審査で落とされてしまう可能性があるからです。
最低でも、2週間から1か月ほど待ってから再申請をするのが良いでしょう。

プラスアルファでやっておくと良いこと

それはユーザーが読みやすいような、記事作成を心がけるということです。具体的には、最低限でも良いので、記事構成を整えたり、見やすく装飾をするということです。

いくら内容が良い文章だったとしても、読まれなかったら意味がありません。文章がずらっと書いていても読みづらいを判断されれば、そのページから離脱されてしまうでしょう。

このような場合を避けるためにも、文字装飾で読みやすくしたり、改行を使って見やすくすることが重要です。

また話の内容を整理するためにも、見出しや小見出しを使って、構成を分かりやすくすることが重要です。この構成を整えるというのは、Googleからも評価されやすくなっているため、力を入れるべきポイントでしょう。

記事を修正する際はバックアップか下書き状態に

Googleアドセンスの審査に落ちたからといって、記事を丸々削除する必要はありません。せっかく作った記事を削除するのはもったいないので、やらない方が良いです。

基本的にGoogleアドセンスが審査しているのは、公開されている記事だけです。つまり、一旦作った記事は下書き状態にするだけOKです。

もしくは、Googleドキュメントに文章を張り付けてバックアップと取っておくと良いでしょう。

Googleアドセンスの審査に落ちるのはポジティブ

Googleアドセンスの審査に落ちてしまい、めちゃくちゃ凹むと考えている人もいるでしょう。しかし、実は審査に落ちるということはネガティブではなくてポジティブだと考えてください。

なぜなら辛い審査に通ったからこそ、今後道は開けてくると言えるからです。そもそもGoogleというのは見るユーザーのためになるコンテンツになっているか、という点を非常に重視します。

これはどういうことかというと、微妙なコンテンツだよ!といわれているものです。つまり、今もそして将来もあまり人気にならないコンテンツだと言えるでしょう。そう考えるのであれば、自分のコンテンツを考えるいい機会になるので、審査の結果をしかと受け止めるのが良いです。

楽して儲けようという気持ちは捨てるのが近道

Googleアドセンスの審査に通過して、どんどんと広告収入で儲けたい!そのように考えるのは良くないでしょう。心の中でとどめておくのが良いです。それをブログに出しちゃダメです。

具体的にどういうことかというと、内容が薄い記事を量産して、ブログに大量投稿するという行為です。これは、内容がなく、まったくユーザーの役に立たないものが溢れますから、アドセンスの審査には通りづらいと言えるでしょう。

おすすめはひとつのテーマに対して、一貫して物事を語るという点です。物事を深堀して、見る人が役立つ内容を伝えることで、それは有益なコンテンツとして評価されるでしょう。

まとめ

アドセンスに受かることが、目的になってはいけません。あくまでブログの目的は、有益な情報をユーザーに伝えるということが目的です。

その過程で、アドセンスの審査にも通過したらよいなという意気込みで、じっくりと記事を作成していきましょう。

アドセンスの審査にいち早く通過したいからといって、大量に薄っぺらいコンテンツを投稿してから申請すると落ちてしまう可能性があるので注意してください。

そのほか、Googleアドセンスの審査に通過するためには、プライバシーポリシーやお問い合わせフォームなど、必ず設定しておく項目もあるので確認してみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本サイトは適切な情報を提供するように注力しておりますが、いかなるものも保証するものではございません。時期や状況により情報が変わることがございますので、最終的な判断はご自身の調査のもと意思決定を行ってください。また本サイトでご紹介している第三者のサービスや商品におけるトラブルについては一切の責任を負いません。

-042_ブログ・アフィリエイト
-,

Copyright© ふぁいなんさる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.